2017年1月22日日曜日

KATOのLED室内灯クリアにちらつき防止対策機能を付けてみた

走行中に集電不良などが原因でちらつく現象を低減させたかったので、対策してみました.
対策とは言っても、ブリッジダイオードの後ろにコンデンサを積んだだけですが.

今回積んでいるコンデンサでは、離線後0.1秒程度で室内灯が消えてしまいますが、パッと消えるのではなく、ふわっと消えるようになるので、人間の目で見る分には未加工の状態よりもちらつきが気になりにくくなります.

もちろんコンデンサの容量を増やせば、室内灯が消えるまでの時間を延ばせますが、その分コンデンサの寸法が大きくなります.
コンデンサの隠し場所に困らない車両であれば、ある程度大きいコンデンサを積んだほうが効果が大きいです.

ちなみに私のところでは、下記のコンデンサを用意して必要に応じて使い分けてます.


下記に加工手順を示します.

室内灯を分解して


室内灯基板上のレジストをはがして


レジストをはがした部分と、元々基板についている抵抗器の一端からリード線を出して


コンデンサの足を必要に応じて曲げて


室内灯基板と接続!


元通りカバーを付けて完成


あとは加工前と同じように車両に搭載すれば使えます.
コンデンサは車両の形状を見ながら適当に隠します.

搭載例
14系500番台の場合

小田急3100型NSEの場合



今回紹介する方法はLED室内灯クリアでは問題なく適用できますが、旧製品の白色室内灯には使えません.
回路構造が違っていて、電流制限素子 (抵抗器) の後ろにブリッジダイオードがあるために、仮に今回のやり方を真似てもほとんど意味がありません.


この記事の方法を試す場合は自己責任でお願いします. 失敗しても責任は持てません.
特に、コンデンサは極性を逆にすると基板上のブリッジダイオードもろとも壊れます.

2017年1月12日木曜日

オハ14-500 ドリームカーを作る

正月辺りからちまちま作っていたのが完成したので.
たまたま部材が転がっていたのでとりあえず作ってみた的な感じです.




ドリームカーが登場したばかりの、まりもロゴが付いていた時代の方を再現してみました.

はまなすのドリームカーの床下と、ニセコのオハ14-500のボディとトレジャータウンのインレタを適当に貼ったり組んだりして完成.


床下が2両分あったので、あともう1両作って2両体制にします.
しかし何故床下だけ2両分も買ってあったのか全く理解できないw

そして使い道は特に考えていませんが作っておけばそのうち何かに使えるはず.

2017年1月2日月曜日

2017年工作初め

あけましておめでとうございます。

工作初めと言っても、インレタ貼っただけですが一応.

14系500番台のJR移行直後の車両を再現したかったので、KATOのスハフ14-500にJRマークを貼り付けました.
これで快速海峡とかはまなすの初期の頃の編成が再現できます.

材料のスハフ14はニセコ・宗谷セットか、利尻セットに入っているやつを用意します.
はまなすセットのスハフ14は、末期の雨どいが増設されている状態が再現されているので使えません.



JRマークはこんなところから捻出しました.


TOMIXのキハ58の付属インレタです.
単品売りのやつを一両買うごとに1シート入手できます.

2016年12月31日土曜日

2016年総括

総括とか書きながら今年初投稿です.

今年は何も投稿できず仕舞いでした.
昨年作ったDCCデコーダをオープンソース化したり、新たに車両用のデコーダを起こしたりしたいなーとは考えておりましたが、結局何も出来ずにw

模型の方はこの間やっと工作する時間が取れたので、何も完成しないという事態だけは回避できました.



オハネ24-500が色まで塗ったところで終わり.
あと車番とかを入れなければならないですが…

去年いじっていたオロネ24-501は未だ完成せずw


2017年はもう少しちゃんと時間とって工作とかしたいですね.
あといい加減DCC関連のものをきちんと公開できるようにしていきます.

2015年10月20日火曜日

オロネ24 501制作記 (1)



唐突ですが、北斗星のツインデラックスとして組み込まれていた車両の中で、若干異端車なオロネ24 501を作ってみようかと思ってちまちま作業しております.
というのも、1年半位前に北斗星に乗ってきたらたまたまこいつが入っていたので、これは作るしかねえなっていう軽いノリですが.

このブログの過去ログを辿ってみたら、材料を切り刻むこと自体は今年の1月に行っていたらしいです.
http://yt-electric.blogspot.jp/2015/01/blog-post.html

もっと最近な気がしていたんですが実に不思議だ.
この記事で書いた通り、完成まで本当に一年位掛かりそうな感じですしね.


まあ、もうある程度までは形にしてしまっているんですが.
1月に切ってあった引き戸部分の部品とオハネ24のドア以外のボディに加え、オロネ25 500の小窓部分を切り出したやつを適当に削って調節してくっつけてます.
こいつ一両を作るのに3両位のボディを潰してますが、どのみち全部ジャンクで拾ってきたやつなのでどうでも良いのかなーと.

ボディの接合部はこんな感じになっております.

接合時に若干ミスったせいで段差が出来てしまっているので、これは適当に削りを入れてごまかそうと思います.
あとは小窓部分と元々の寝台窓部分との接合部分に出来た隙間が埋めきれていなかったので、それも瞬着を盛って修正.

あと反対側も.

反対側はそこまで不満は無い感じです.
まあもう少し削りたい部分はあるので、その辺りを適当に処理すれば良いかなと.

さあいつ完成するんでしょうね?
次は青くなっている様子をアップしたいところですが.

2015年7月5日日曜日

C56×スノープロウ

先月末にKATOのC12を買ってきました.
しかし何と部品だけ抜き取って、肝心の本体は未整備という暴挙に出てますw

その抜き取った部品を、同じくKATOのC56に付けてみました.


C56にスノープロウを装着して冬季仕様になってもらいました.
これで3割ぐらい顔が引き締まった気がしますw


C12もそろそろナンバー付けたりして整備してやらないとなぁ…
あとデコーダ積んだりとか.

2015年5月17日日曜日

E531系 2014-2015年増備車仕様の作成

前々からちまちま作業はしていて、ようやく完成したのでアップ.


最近増備されている車両にはラジオアンテナが付いてないので、今回はそれを再現.

用意した材料は以下の通り.
部品流用とかの関係上全てKATO製です.
  • E531系付属編成セット
  • 山手線E231系の先頭車 x 2
  • 山手線E231系のパンタなし中間車 x 3
    但し、サハE231-600と4600は不可 (屋根形状違い)
パンタなし中間車2両は、山手線中間車の屋根に交換するだけでほぼ再現可能です.
残りの3両は適当に切り継ぎます.

クーラーの真下あたりで適当に切って長さ調節をして接着.
接続部分の隙間を瞬間接着剤とかで埋めて、適当に削って整形して塗装して完成.


例によって、クーラーで隠れる箇所は盛大に手抜きをしてます.
まあしっかり仕上げなくても特に問題は無いので...


E531系とE231系ではビートの数とか位置が微妙に違ってたりしますが、まあ雰囲気は十分出たので今回はオッケーとします.
ってかちゃんと作り分けてるのねと.